Archive for the 'BMW M3' Category

M3:グリルを化粧直し

Author: wpsiteadmin
2017年11月26日

そろそろ製造から18年になるM3のキドニーグリルの黒いフィン部分が白化してみすぼらしくなってきたので中古品を塗装して交換しました。

黒い樹脂部が白くなってる

黒い樹脂部が白くなってる


今ついてるグリルを塗装すれば良い話なのですが、実は一度外した際に引っ掛けるツメがボロボロに折れてガタガタな取り付けになっているのです(^^;)
ラジェーター上のカバーが邪魔

ラジェーター上のカバーが邪魔


カバーを外す

カバーを外す


グリル外したとこ

グリル外したとこ


塗装した中古と外したのを比較

塗装した中古と外したのを比較

ビフォー

ビフォー


アフター

アフター


写真だと大して変わらないけど自己満足なのでOK(^^)

ドアハンドルとかモール類も白くなってるので何とかしたいな。。。
その前にエンジン不調を早く直して気持ちよく走りたい(–;)



M3 エンジンオイル交換

Author: wpsiteadmin
2017年11月13日

M3のエンジンオイル&フィルターを交換しました。
前回のエンジンオイル交換からは14ヵ月経ってるのですが、昨年から今年にかけて修理工場に入ってた時期が長くて、2,000kmしか走ってません(–;)

まぁハイパワーで熱量膨大なMエンジンなのでトラブル予防のためにも交換時期でしょうという判断。
これなでは量販店に置いてあるカストロールの10W-50などを購入してましたが、VANOSのガラガラ音が気になるので10W-60にしてみます。
何箇所か見てみましたがオートバックスやホームセンターはエコカー向けの低粘度ばかりで高粘度なオイルは一部の高級銘柄しか置いてません(><) そことでネット限定販売の国内生産オイル「TAKUMIモーターオイル」というのを購入してみました。 [caption id="attachment_4739" align="alignnone" width="400"]TAKUMIモーターオイル X-TREME TAKUMIモーターオイル X-TREME[/caption]
・SAE粘度:10W-60 4L
・API:SM/CF
・化学合成油(Synthetic PAO+HIVI)
【代表性状】
[SAE粘度]10W-60
[引火点℃]230℃
[動粘度40℃cSt]168.20
[動粘度100℃cSt]23.92
[粘度指数]174
[流動点℃]-40.0℃以下
[全塩基価mgKOH/g]7.67

細かい性状も公表されているので信頼できそうです。
それにこの粘度のオイルとしては安い!しかも送料無料v(^^)v

ということで作業開始。

ジャッキアップしてオイル下抜き

ジャッキアップしてオイル下抜き

オイルフィルターは交換しやすい位置

オイルフィルターは交換しやすい位置

量販店で買ったBOSCHのフィルター

量販店で買ったBOSCHのフィルター

5538km走行後のフィルター真っ黒

5538km走行後のフィルター真っ黒

新品フィルターは気持ち良い

新品フィルターは気持ち良い

今回の交換作業では6リットル弱くらい入りました。
まだ走行してないのですが回転フィーリングやメカノイズに変化が出るかな?

PS:
3日後にやっと乗る機会がありました。
オイル交換前まではVANOS(BMWの可変バルタイシステム)がガラガラとノイジーだったのです、がかなり改善されました!!
ブラシーボ効果じゃない事を証明するために前後の比較動画撮影しておくべきだったな(^^;)



相変わらず不調なM3

Author: wpsiteadmin
2017年10月24日

発進時や低回転で流している時に燃料or点火がカットされるかのような息継ぎ症状が出るM3。
Webで色々検索して似たような症状の方の修理記事を参考に、燃料フィルターとフューエルプレッシャーレギュレーターを(主治医に頼んで)交換してみましたが症状変わらず・・・orz

これまたWeb記事を頼りに素人でもできそうな事をやってみます。
リレーやヒューズ、各種カプラーの接点をコンタクトスプレーで洗浄?してみました。

E36 M3のヒューズBOX

E36 M3のヒューズBOX


たくさんのヒューズを一個一個外してスプレーして吹いて差し戻す作業は指がつりそうになる(^^;)

さて、どうなるかな。



2017年6月4日

M3のリアタイヤ2本がワイヤ出る&変形してるで車検通らない状態だったので必要に迫られ交換します。

M3のリアタイヤ終了

M3のリアタイヤ終了

自分のクルマに新品タイヤはジムカーナ参戦してたころ以来じゃないかな?
今回選んだのはケンダ カイザー KR20Aというアジアンタイヤです。

KENDA KAISER KR20A

KENDA KAISER KR20A

ネオバなどの国産ハイグリップに比べると半額以下という安さなのに評判良さげ、なんといってもトレッドパターンがカッコいいのですw
サイズはE36 M3Cのフロント純正サイズである225/45R17にしました。

これまでは前後とも幅&外径の小さな215/45R17だったのですがやっとM3純正サイズになります。
ということで、これまでフロントに履いてたフェデラルをリアに、新品ケンダをフロントにします。

1サイズ違います

1サイズ違います

履き替えた感想はまた次回にでも。

続いて入手して3か月以上たったNB6Cのエンジンオイルを交換。
購入直後に車高調の調整やコンポ&ホイール交換し、先日はステアリング交換もしましたが、エンジンには全く関心がいってませんでした(^^;)

NB6Cのエンジンルーム

NB6Cのエンジンルーム

減衰力調整以外にボンネット開けることも無かったので汚れっぱなしのエンジンルーム・・・プラグコードは非純正かな?
インテークパイプに貼られているテープのオイル&フィルター交換から2年2万キロ以上経過しているのでオイル交換することにしました。
オイルは純正指定粘度の10W-30でカストロールの4リッター缶で1780円で購入。
NB6Cエンジンオイル交換

NB6Cエンジンオイル交換

ドレンボルトがめちゃ固く締まっていてレンチを鉄パイプ延長してやっと緩めることが出来ました。フィルターも用意したのですが手や工具が入らない場所なので断念。
同じエンジンのNA6乗ってた頃はどうしてたっけな?

久々にたっぷりクルマ弄りした週末でした。

NB6とM3C

NB6とM3C