2021年1月16日

NBロドスタのフロントはスペーサー噛ませてるので純正ハブボルトだとナットの噛みがわずかしかなく心許ない状態なので、ロングハブボルトに交換することにしました。
購入したのは10mm長いタイプです。8本、送料込みで2850円なり。

 KYO-EI ロングハブボルト 10mmロング

KYO-EI ロングハブボルト 10mmロング

まずは右フロントから。キャリパーとローターを外します。キャリパーは14mmボルト2本

キャリパーとローター外す

キャリパーとローター外す

タイロッドエンドプーラーを使ってハブボルトを抜きます。プーラーのボルトは21mm。

タイロッドエンドプーラーを使う

タイロッドエンドプーラーを使う

外れた純正とロングのハブボルト比較。

ハブボルト比較

ハブボルト比較

3本外して4本目でトラブル発生!タイロッドエンドプーラーの爪部分が折れちゃいました・・・角度が悪かったのかな(^^;)

プーラーが折れた!

プーラーが折れた!

仕方ないので同じタイロッドエンドプーラーを買ってきました、アストロプロダクツで1450円、ついでに作業効率化のために貫通ナットとワッシャーも購入、700円くらい。
慎重に作業進めて左右(フロントだけ)ともロングハブボルト化完了!

ハブボルト交換完了

ハブボルト交換完了

しばらくはトルクレンチ積んで適宜増し締めします。



謹賀新年

Author: wpsiteadmin
2021年1月1日
202謹賀新年

202謹賀新年



2020年12月31日

NB6ロードスターのバッテリーが突然死しました(^^;)
弱ってる感じしなかったけどなぁ、夜間乗る機会が少なくなってるので気付かなかったのか・・・

死んだバッテリー

死んだバッテリー


ロードスターのバッテリーってトランクにあって、国産の普通のやつとは違って高さ、端子、ガス抜きホース接続部などが特殊で専用バッテリーが高い!
新品は2万超えです・・・NA6乗ってたころは海外の安いバッテリーを流用したような記憶があるけど、大人なので(面倒臭い)専用バッテリーを注文しました。
新品のバッテリー

新品のバッテリー


数日で届いたので交換しました。
トランクの右端にあって持ち上げづらい、腰をやっちまわないよう気をつけて作業しました。

ちなみに、E36M3、ローバーミニもバッテリーはトランク右側にあるのです。



2020年12月12日

ノーマル状態で既にメーカーチューンド状態なM3のエンジンなので、入手後に修理はしてもチューニングらしき事はしてません。
逆にエアクリーナーやのノロジー(点火強化系パーツ)を純正に戻してるくらいです。

が、手頃な価格で簡単に投入できるパーツを発見しました。
「熱で劣化しまうスロットルワイヤーの固定部分(ゴムブッシュ)をアルミ製ブッシュに交換することでアクセルの応答がよりカッチリとしたフィールに変化します。」という謳い文句の「スロットルワイヤー ソリッドブッシュ」というパーツで送料込みで2,480円

スロットルワイヤー ソリッドブッシュ

スロットルワイヤー ソリッドブッシュ


スロットルワイヤー ソリッドブッシュ

スロットルワイヤー ソリッドブッシュ


小さなパーツですが金属のソリッドな塊は良いですね(笑)

早速交換してみます。

交換するのはここ

交換するのはここ

純正のゴム製ブッシュ

純正のゴム製ブッシュ

純正のゴム製ブッシュ

純正のゴム製ブッシュ

交換後のアルミ製ブッシュ

交換後のアルミ製ブッシュ

交換後のアルミ製ブッシュ

交換後のアルミ製ブッシュ

ワイヤーの張り調整してアクセル操作してみると確かに反応が良くなってます、走らせるのが楽しみ♪
E46 M3からは電子制御スロットルになってるので物理的にスロットルワイヤーがある古いクルマならではのプチいじりです。